食べてくれない子を育てる
ママ・パパ・保育者のみなさまへ

「食べない」ことは我がままでしょうか?

私たちは食べずに生きていくことはできません。今は食べてくれないお子さんでも、ほとんどの場合は時間が経てば解決していきます。だから、食べることは当たり前にできることだと思っているかもしれません。

しかし、中には生まれつき母乳やミルクが飲めない子がいたり、離乳食や固形物を食べる力(咀嚼や嚥下)をうまく身に付けられない子もいます。そして、色々な感覚の敏感さから、受け入れられる食事が限られている子も。

見えづらい子、聞こえにくい子がいるのと同じように、食べることが難しい子もいるのです。

そんな「食べること」に課題を抱える子の子育てをサポートしてくれる方々もいます。
このサイトでは、食べなられない子を理解していただくための情報と、サポートしてくれる医療機関の情報をお届けします。

「うちの子食べてくれないな」「食事の時間が辛い」と感じたら、もしかしたら「食べるためのサポート」が必要なタイミングなのかもしれません。ご家族だけで抱え込まずに、サポートしてくれる専門家に相談してみてください。

このサイトでご紹介する医療機関や書籍・サイトの情報は、あくまでも「情報の一覧」(電話帳のように、個別の内容について精査せずリスト化したもの)として提供しています。サイト利用における注意事項をご一読の上、情報の選択・医療機関の選定については、ご自身の判断でしていただきますよう、お願いいたします。

たべよう 
編集長 小浦ゆきえ

私自身、息子の小食に悩み、「栄養をとらせたい!食べさせよう」と頑張りすぎて…失敗しました。
がんばれば頑張るほど食べられなくなる息子を見て、「今までのやり方は何か間違っているのでは?」と気づきました。

同じように悩み、苦しんでしまっているママやパパが困った時に必要な情報、相談できる場所を見つけるお手伝いがしたくてこのサイトを立ち上げました。


mog株式会社 代表取締役
日本臨床栄養協会認定NR・サプリメントアドバイザー